2022年6月26日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【10】

 昔は毎年のように何かしら熱帯魚の

図鑑的なものが出ていたように思います。

恐らく良い時代だったからでしょうね、

ある程度売れたんだと思います。

内容は出版元の熱量だったりどのような

情報ソースやライターを持っているかで

大きく変わったかと思います。

そこで南米最強のバックグラウンドを持つ

アグアから出た図鑑がこれ。



もちろん熱帯魚がメインですが
水草も多数掲載されています。
結構使えるんですよ、これ。














熱帯魚も水草も怒涛の入荷があった時代、

黄金期の軌跡ともいえる書籍ですね。

2300と言う数字に圧倒されます(笑)

水草そっちのけで魚だけ見ていても

かなり満足できます。

水草は300種の掲載となっています。

500種だなんだと言っていると少なく

感じてしまいますが十分な数ですよ。


おすすめポイント

図鑑の写真は恐らく殆どが吉野さんの

物なので綺麗で見やすいです。

種類は一般種から新着系、ファーム物の

ちょっと変わったところまで幅広く

掲載されていて非常にバランスが良く

水草好きならなるほどと思えるチョイス。

やはり多くが水中葉なのもポイントです。

属ごとに分けてある点や、インデックスも

ポピュラーネーム、学名と2種あるのも

毎回のことながら見るべき点ですね。

種類の解説は字数制限が結構大変

だったんじゃないかと思うのですが

意外と重要なこともサラっと書いてあり

よくまとめてあると思います。


水草にしか興味が無く、熱帯魚の

部分は要らないよ。。。と思っても

それが買わない理由にはならない

図鑑だと思います。


THE AQUARIUM 2300 ATLAS

熱帯魚2000種&水草300種大図鑑

定価3800円(税別)

1997年8月20日発行

松坂實 富沢直人

ISBN 4-938954-85-0



2022年6月19日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【9】

こうやって水草関連の書籍を拾っていくと

意外に日本の本があることに気付きます。

しかしながらやはり水草マニアとしては

海外の図鑑は所有しておきたいところ。

何と言っても装丁が格好良い。

むしろ飾らずにはいれないですよ(笑)

もちろん中身も優れていてこそでは

ありますが。。。

それを実現しているのがこちら。


飾ってくれと言わんばかりの
表紙です。超イカしてる(笑)
中身は完全にマニア用。














まず装丁でやられますよね(笑)

重厚で迫力があります。

所有することによる満足感が相当高い。

ドイツ語なので基本的には絵本ですが

眺めるだけであれこれ妄想出来ました。

まさかここに載っている水草がその後

入手出来るようになるとは。


おすすめポイント

水草は基本的にイラストですがそれが

また良いのです。拡大コピーして

額に入れて飾りたいくらいですね(笑)

写真も少しあってクリプトのものが

多いのですがほぼ仏炎苞です。

これだけまとめて仏炎苞の画像が

見ることが出来る書籍も少ないと

思います。

掲載している種類はかなりロゼットに

振ってます。アポノゲトンも多いですね。

有茎もありますが普通の水草本よりは

かなり少ないかと思います。

今はインターネットでも翻訳出来るので

読もうと思えば読めるかもしれませんが

見ているだけでも飽きの来ない内容です。

1種ごとにしっかり解説があるので気になる

種類だけも読んでみるのも良いと思います。


水草マニア、特にロゼットに寄っている人は

必ず役に立つと思います。

もちろんそうでない人にも。



AQUARIENPFLANZEN

定価----

1990年発行

Hendrik C.D.De Wit

ISBN 3-8001-7185-6


2022年6月12日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【8】

今現在、水草のことを調べる時に

まず使うのはインターネットだと思います。

ただ検索と言うのはちょっと頭を使わないと

思うような結果が得られないことがあります。

そういう時に書籍は便利なのですが

マイナーオブマイナーな水草と言うジャンルでは

そうそう頻繁に使える図鑑が出るわけでは

ありません。

そんな中、登場したのがこれです。


満を持して登場した水草図鑑です。
アクアリウムの水草に対しては
全方位型なのでとても便利!














水草図鑑と言うのは滅多に出るものでは無いので

出版されるだけでもありがたいのですが、やはり

水草マニアとしては中身にこだわりたいところです。

掲載されている種類、写真のクオリティ、水草の

状態、等々。。。そう言った複数のファクターに

対する要求を満たすと言うのはなかなか困難ですが

本書は水草の採集、栽培、同定、撮影等をこなす

吉野さん本人が作ったことによってそれが達成

されています。


おすすめポイント

何と言っても掲載数の多さですね。

しかも古い水草から当時の最新まで幅広く

網羅しています。写真も美しく非常に

見やすくなっています。

また、著者がAL誌において新着水草や水草特集で

写真を提供し続けてきたことや国内外で

採集していたこともありマニアが通ってきた

道程そのものが掲載されていると言っても

過言ではありません。

あと私も少し協力しているところもポイントです(笑)

1つ難点を挙げるとすれば、初期に紹介された名称と

本誌に掲載されている名称が大きく変更されている

種類があり、少しややこしくなっています。

とは言え、過去の南米や東南アジアから入荷した

採集物の水草たちを知る上では外すことのできない

資料となっています。


水草の楽しみ方、AQUATIC SCENE、そして

本書を加えてこの三大吉野本は水草マニアに

欠けてはならないピースでしょう。


世界の水草728種図鑑

定価2552円+税

2005年11月2日発行

著者 吉野敏

ISBN 4-89512-534-3

2022年6月5日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【7】

以前ご紹介した「世界の水草」以降、

昔から馴染みのある種類から新しく

もたらされた種類まで幅広く取り上げた

図鑑と言うものは無かったと思います。

雑誌の特集や熱帯魚図鑑と併せてのものは

ありましたが、やはり水草のみと言うのは

なかなか難しいのでしょうね。

しかしながら新着で盛り上がった時期を経て

ようやく出たのがこちら。


待望の水草図鑑でしたね。
新着種を多く掲載したのは
大きかったです。














水草図鑑、しかも500種となればこれはもう

楽しみでしかないと言ったところでしょう。

ピーシーズと言う事で写真を期待するものの

500種と言う数を揃えるのはかなり困難を

極めたんだろうな。。。と言う印象。

あとデジカメへの過渡期でもあったため

不自然な色合いの画像が多いのがやや

気になる点ですね。

個人的に一番厄介だと感じるのは

ページ構成がカラー見開きの次に

その解説でモノクロ見開きになっており

カラー・モノクロ・カラー・モノクロと

交互になっていて、ハマるとページを

めくれどめくれどモノクロしか開かん!!

みたいなことになります(笑)

あとは少し間違いがありますね。


おすすめポイント

その頃リアルタイムで入荷していた

ワイルド物が多く取り上げられている点です。

また、ライターや写真の出元がMPJと

異なることが多いため、こちらにしかない

水草や自生地の写真が結構あります。

しかも結構マイナーと言うか狭い範囲でしか

出回らなかったと思われるものもちらほら。

お気づきの方も多いかと思いますが

アグアの緑本と同じ写真もありますね。

2001年の段階でこの水草があったんだ、と言う

検証にもなるかなりいいタイミングでの

出版だと思います。

一応協力に当店の名前があるのもポイント(笑)


いわゆる新着水草系の指標となる存在で

データとして時系列を確認するのにも

役立つかと思います。


アクアリウムで楽しむ水草図鑑

定価2667円+税

2001年発行

富沢直人 山崎浩二

ISBN4-938780-61-5

2022年5月29日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【6】

水草マニアと言うものは基本的に

収集や栽培自体を楽しむことが多く

レイアウトは二の次と言ったことも

しばしば。かくいう私もそんなものは

そっちのけで適当に水草を放り込むと

いった始末。。。(笑)

しかしながら少しは見れる水槽を

作ってみたくなる瞬間もあるかも

しれない。。。さりとてNAは面倒。

でもレイアウトのヒントが欲しい。

そんなマニアなあなたに(笑)















アクアティックシーンって良い響きですよね。

水草の生える水中の1シーンを切り取って

レイアウトとして再現すると言った

感じでしょうか。

もちろん自生地を完全に再現するわけではなく

イメージを水槽内に作り上げています。

アトラスレイアウトを中心に、すべての

レイアウトにコンセプトがあり、それを

表すタイトルが付いていることで

想像を掻き立ててくれます。


おすすめポイント

こういったレイアウト集の場合、

急ごしらえで直前に植えました感が半端無い

水槽が多くなりがちですが、本書に掲載される

レイアウトは多くの水草がその水槽で

繁茂しているか、完全な水中葉で生育しているので

違和感が全くありません。

吉野さんが水草を植えるのが上手いと言うのが

大きいとは思いますが(笑)

※吉野さん以外のレイアウトもあります。

各レイアウトの解説ページには配置図と名称が

書いてあるので非常に便利です。

解説文もどういったコンセプト・狙いがあって

水草や魚の種類を選定・配置しているのかを

明確にしており、製作者の意図がよくわかります。

こういう点は近年の書籍には欠けている気がします。

今はレイアウト自体が商品広告化しているから

と言う側面もあるでしょうね。


ダッチを志すなら水草の楽しみ方が必携なのと

同様に、アトラス・レイアウトを作りたい人は

本書が大いなる指針になることは間違いありません。


AQUATIC SCENE

定価2800円

1986年6月25日発売

著者 吉野敏

写真 小林道信

ISBN 4-89512-312-X

2022年5月23日月曜日

アヌビアス ~きれいな水槽植物~ Part 6 最終回

前回はマニアが好む耳付きの種類を紹介しました。
これらは流通が少ない種類が多く、採集物やその
増殖株でしか入手出来ないものが多く、まさに
コレクターズアイテムと言ったところです。
もちろん、その草姿はとてもナナ等と同じ
仲間であるとは思えないくらい勇ましく巨大な
種類が殆どで、その佇まいに魅了されるマニアも
多いかと思います(人数は少ないのですよ)。

その特徴的な草姿故、耳付きの種類は非常に
わかりやすい魅力があるのですが、実は本当に
マニアックなのはスルーされがちな細い葉や
狭い葉を持つ種類と言えます。
これらはついてくる名前がランケオラータや
コンゲンシス等と言ったファーム物で古くから
馴染みのあるものが多いためインパクトに
欠けるのですが、よくよく見ると変なのが
混ざってることがあります。

An. barteri var. angustifolia
ギニア便定番種で昔からずっと輸入されていた
バルテリィvar. アングスチフォリアです。
入荷はファーム物のように同じ物が殆ど。
トロピカから来る本種は赤くない。




















An. barteri var. ?? 
入荷名はアフゼリィでしたが
それとも違うような感じです。
その入荷の中に混じっていた
模様が入るような葉を持つ個体。
草体はアングスチっぽい。




















An. sp. 
カメルーン便のバルテリィvar. ナナとして
入荷しましたがいつものカメルーンナナとは
全く別物でした。ナナと言うよりは
草姿はグラブラと言った印象ですね。
これはすんなり水中化しました。






















An. sp. 
sp.物ですが、細葉ウェーブで
葉柄が短めだったので草姿的には
バルテリィvar. グラブラに近いタイプ
ですが、上記の物ともまた異なる感じ。



















An.
sp. 

sp. 物として入荷しましたが
同じ物の中に3~4タイプ混ざっていました。
この葉は葉先や質感が変ですね。


















An. barteri 
var. ??

バルテリィvar. グラブラとして入荷するも
全体は葉柄が長く、葉の質感も併せて
とてもそんな草姿ではない印象です。


















An. afzelii ??
入荷名はコンゲンシス。
入荷の中から葉っぱがかなり丸い株を
抜き出してみたもの。カッセルマンの
水草図鑑に掲載されている
アフゼリィに似ていて面白い。






















An. cf. heterophylla
cf. ヘテロフィラとして入荷したもの。
それにしては葉が長いようにも見えますが
葉脈の感じはヘテロフィラっぽい。














葉のアップ。個人的にはこのタイプは
結構お気に入りだったりします。
個人的には心の中で勝手に
ロングリーフコーヒーフォリアと
呼んでいるのはここだけの秘密(笑)
























An. sp. 
恐らく同じタイプ(種類)と思われますが
こちらはsp.として入荷しました。
幾分ヘテロフィラっぽくはありますが
やはり葉が細長い様に感じます。





















あの頃にあんなのが来ていたはず。。。と思い出しながら
少し遡ってピックアップしました。買えなかった、
買わなかった種類もかなり多くあったと思いますので
これでも極一部と言えるでしょう。
こういった細葉や狭い葉の種類はどうしても耳付きに
比べて購入・栽培される機会が少ないかと思います。
もちろん私もそうなのですが。。。

やはりアヌビアスは一般的にビギナー向け、入門種、
熱帯魚水槽のお飾りと言った風潮が業界内に根強く
残っています。もちろん入口はそんなものなので
それで良いのです。ただ、情報の発信側がそう言った
姿勢でいるといつまでも何も変わりません。
主な雑誌で何年も何年もそう扱われてきたので
出来上がったイメージは簡単には払拭出来ない。
1ジャンルとしては昔から確立しているものの
ワイルド物さえも安売りの対象となってしまった。
挙句の果てにはバナナネモグリセンチュウのために
カメルーンやギニアからの直接輸入は出来なくなり、
もう新たな種類が入荷することもほぼ叶わない。
今でこそマニアが大事に育てているのを見かけますが
現状がもうゴールでしょうね。

アヌビアスは水草を始めてから何年もずっと
アクアリストの側にいるような存在です。
気が付けば必ず水槽のどこかに居ていつも変わらぬ
姿を見せてくれている。たまにびっくりするくらいの
速度で枯れることもありますが。。。(笑)
そんなアヌビアス、ワイルドでもファーム物でも
お気に入りの1種を見つけて長い付き合いを
始めて見るのも悪くないと思いますよ。


アヌビアス ~きれいな水槽植物~ 
終わり。

2022年5月22日日曜日

持っておきたい水草関連書籍【5】

基本的にアクアリウムに関しては

昔から日本より海外の方が進んでいたので

あちらには水草関連の書籍にも多くの

良書が存在しています。もちろん古くから

あるため情報自体は古くなっていますが

古いと言う事は今の情報のアップデート前、

つまりその基礎になっている部分とも

言えます。なので流れを知ると言う事に

ついてはかなり有益であるでしょう。


熱帯魚関連の書籍でお馴染み
TFHの本です。なんとも
味のある表紙ですね。














中身も良い感じに古めかしく、写真もカラーと

モノクロが入り混じっていてとなんとも言えず

洋書と言った雰囲気を醸し出しています。

ページ数も多く参考になる部分も色んな意味で

多いです。

著者にビッグネームがあるのでそれだけでも

なかなかの満足感。本棚にもかなり映えます(笑)


おすすめポイント

古いからと侮るなかれ、この書籍あたりから

色々と変わっていったのかと感じることが

出来る内容です。水草として(と思われる)、

スキスマトグロッティス、アグラオネマなどが

掲載されているのもこれ以降さほど無いのでは

ないでしょうか。

日本ではかなり後になって紹介されるエキノドルスの

オパクスやホレマニー、アクアリウム用の水草として

既に知られていたと言うのもさすがと言える種類の

フロスコパやリモセラ等が掲載されています。

クリプトコリネの掲載も仏炎苞と共に多数掲載

しています。今はシノニムに落とされている学名での

掲載も多く、ある意味ためになります。

ほぼ図鑑となっており、レイアウトは無いと言っても

良いですが、現地画像が散りばめられており

なかなか良い刺激になるんですよ。


アクアリウムに用いる水草の推移や

ヨーロッパの底力が知れる良書だと思います。


aquarium plants

定価---

1977年

著者 dr. Karel rataj and thomas j. horeman

ISBN 0-87666-455-9