2017年3月30日木曜日

「ホレマニー」と「ウルグアイエンシス」Part2

まずはホレマニーの歴史を駆け足で見てみましょう。

ホレマニーは昔から入手が非常に困難で、
憧れの水草、エキノドルスの王様として今もなお
その座に君臨しています。
みなさんが「ホレマニー」と言って思い浮かべるのは
いわゆる「ホレマニーグリーン」の「ブロードリーフ」
だと思います。
もちろんそれは正解で、まさにそれがホレマニーです。
しかしながら、「グリーン」「ブロードリーフ」と
敢えて表記されるということは、その反対が存在する
と言うことです。

そして日本で一般に普及したのは、そのいわゆる
ホレマニーではなく、なぜか
「ホレマニーレッド」の「ナローリーフ」
でした。
そうです、ホレマニーにはグリーンとレッド、
そしてブロードとナローがあり、それが基本と
なっています。

昔のホレマニーに関してはリアルタイムでかかわって
いないため割愛しますが、現存する中で古いものと
認識されているのは座標軸と考えられます。

ワイルドでの入荷が無かったホレマニーグリーンを
入手するのためには、入荷頻度が低く、入荷しても
すぐにショップからマニアへ流れてしまい世に殆ど
出なかった、オリエンタルアクアリウム(※)の組織培養と
思われるものがありました。
6センチ前後の小さな苗で、成長は非常に遅く、
大きく育った本タイプを見かけることはありませんでした。

※シンガポールにある世界最大規模の水草ファーム

極々稀に入荷したオリエンタルのホレマニー。
1年に1回あるかどうかくらいだったかな。
現存する株は無いと思われます。

その頃は、ホレマニーレッドのナローリーフが
オリエンタルから入荷していたのですが、やはり
ホレマニーなのか、極々小さな株での入荷が殆どでした。

その後、オランダやドイツのファームから稀に本物と
思われるホレマニーグリーンが入荷することがありましたが、
恐らくほぼすべてがナローリーフでした。
また、確信犯的に別種を送ってくるファームもあったことから、
やはり本物の入手は思うようにはいきませんでした。

しかしながら、2000年になる頃からAppo工房と言う
色んな意味でなかなか面白い業者から、ワイルドと思われる
ホレマニーグリーンの入荷が始まりました。
当初、その殆どがナローリーフでしたが、徐々にブロードが
入荷するようになり、入荷が途絶えるまでの中盤以降は
ナローリーフの入荷は全くなくなってしまいました。
これは非常に不思議なことです。

ホレマニーレッドは東南アジア・ヨーロッパ問わず、継続して
ファームものの入荷がありました。
もちろんAppo工房からの入荷もあり、それが
「ダークグリーン ホレマニー」「ホレマニー スーパーレッド」
です。
ダークグリーンはまさにホレマニーレッドタイプなのですが、
どういう言う訳かそのような名前で入荷しました。
スーパーレッドです。本当に良い色。
冬の紅葉は見事ですよ。

そしてついにはオレンジホレマニーと言うタイプも
入荷したのですが、このタイプに否定的な意見が多く
確か2度ほどの入荷の後、見ることは無くなりました。
画像が古いですが、オレンジホレマニーです。
色々と見解がありましたが、今となっては
もう一度見てみたいタイプですね。


しばらくはホレマニーグリーン(ブロード)や赤系の
入荷は続きましたが、ほどなくAppo工房の終了と共に
ワイルドと思われるホレマニーの入荷も途絶えました。
また、その少し前にKasselmannによりホレマニーから
ウルグアイエンシスvar.ミノールへと学名が改められました。

ちょうど同じころからでしょうか、ファームものの
ホレマニーレッドは完全に別種となり、緑も赤も
本物の入荷が無くなるという最悪期を迎えます。

その後、AZ便・甲斐さんによって数年ぶりにワイルドの
ホレマニーが複数タイプ日本にもたらされました。
しかも今までのタイプとは異なる個体群のようで、
非常に嬉しくも興味深い入荷となりました。

記念すべき第1号、AZ1110-1です。
今までに見ないかなり装飾的なタイプ。
いくつか産地があり、売り切ったりロスト
したりとかなり減らしてしまいましたが、
このタイプが残って本当に良かった。

そのAZ便を最後に新しいホレマニーの入荷はありません。
恐らくは今後の入荷は無いでしょう。
寂しい限りですね。
しかしながら、先日書かせて頂いたエキノドルスの
魅力にあります通り、1株あれば10年20年と楽しめるのが
エキノドルスの良さです。
手元にある、または入手する機会があった場合は
ぜひ長いお付き合いをお願いします。

相当端折ってますが、概ね以上のような流れかと思います。
個別にはまた掘り下げていく予定です。

。。。Part3に続く

1 件のコメント: