2017年10月6日金曜日

絶滅水草専門店

近年は水草専門店と言うものをみつけるのが困難になりました。
以前は良くも悪くもそこそこあって、なんとなく水草に
注力しているショップを巡ることも不可能ではありませんでした。

私自身は水草好きなので、たまに「水草で」刺激を受けたいと
思い続けているのですが、なかなかそういう機会に恵まれません。
ちなみに、私の言う水草専門店と言うのは、水草に特化した
ショップで、以前にもブログに書きましたが(~屋って難しい)、
情報発信量と取り扱い量、あとは内容が伴ってと言う感じです。
まぁ完全に主観なのですが(笑)

昔はあんなに水草専門店やそれに類するショップがあったのに
今は何故無くなってしまったのでしょうか。
理由は様々あると思うのですが、近年の状況と比較すると
主な理由は以下のようなことかと思います。

・新着の水草が来ない
これはなかなか致命的です。
基本的に水草マニアは新しい種類を常に渇望しています。
個人的なイメージですが、新たな種類を集めたいと
いうのもあると思いますが、それよりも未知の種類と
出会って攻略したい、と言うのが強いと思います。
そこがモチベーションに繋がることが多い。
また、インターネットが無かった時代には洋書を見て
未入荷種に強い憧れを抱き続けていた、と言うこともあり
それが入荷した時の感動は近年の新着とは比較に
ならないと思います。

・栽培方法の確立
ソイル系の底床、主にアマゾニアの登場と共に、難種の
栽培が容易に可能となり、試行錯誤と再挑戦・再々挑戦の
機会が激減しました。と言う訳でマニアックになるはずであろう
種類があっという間に普及種への道を進んでしまい、
マニアック路線のショップの優位性が極端に低下すると言う
状況が出来てしまいました。

・海外ファームの影響力の低下
新作水草のリリースや新たなファームの開拓が滞りました。
むしろ金融危機以降はファームの減少や効率化が
進められるようになり、ファームにおけるラインナップの
リストラが継続的に行われているような印象を受けます。
また、日本人によってもたらされた水草を海外ファームが
生産するようになり、日本においては新作が新作として
機能しません。十数年経ってから当時いじり倒した
「スタウロギネsp.ポルトベーリョ」
「ハイグロフィラsp.アラグアイア」
と言った具合に少々呼び方が変わって入荷しても新しい
訳ではないんですね。
また、日本向けのビジネス自体が縮小傾向にあるように
感じます。

・水上育成から陸上植物への移行
近年大規模に進んでしまったこの動きは、水槽から
水を抜くことを選択させてしまったかもしれない。
ある意味、自分自身でこちらへの方向を後押ししたとも
言えますが。。。
一旦上陸してしまうと、炭酸ガス、コケ、換水などの
煩わしさ?から解放されて戻れなくなると言う部分が
あるように思います。

・そもそも論
身も蓋も無い話になってしまいますが、日本国内では
アクアリウム自体が衰退しているので、その中でも
ニッチ過ぎるマニアック水草の世界などは、業界内で
殆ど必要とされていないと思われます。

・水草マニアの減少
上記の中に見られる理由から水草マニア自体が大幅に
減ってしまったことが考えられます。
また、90年代~2003のような水草黄金期ど真ん中に
居たマニア層が、ちょうど様々な環境の変化
(例えば就職、結婚、子供、住居など)を迎えるタイミング
だったこともあるかもしれません。

細部を見るとまだまだあるとは思いますが、
キリが無いので(笑)

。。。と言うような理由から水草専門店が無くなって
しまうのだと思います。

まぁ私自身も歳をとってしまい、懐古主義的な部分が
あるのだろうと思いますが、かつてはあの時の怒涛のような
入荷と善し悪しはともかくそれらをすべて食らい尽くすような
消費行動、そしてショップの乱立を許容してしまう全体的な
パワーの存在があったから成立していた状況だと思います。
今はもう不可能な話ですね(笑)なにせ、換金手段や
トレードが殆ど皆無の状況で起こっていたわけですからね。
今は。。。と考えると根本的な部分が大きく異なって
きていますから、やはり不可能です。

まぁ以前からここに書いていますが、水草と言う趣味は
一般化する必要もなく、極々限られた世界でのもので
良いと、私は思っていますので、規模的には現状か
ちょいプラスマイナスと言ったくらいが適温だろうと
考えています。

2017年9月8日金曜日

Newラージなんちゃら

水草不遇の時代が何年も続いていますが、そんな中にあって
近年、革命的な水草が1種だけ登場しました。

初心者からマニアまで、何かにつけて用途があり、
栽培は容易で、その性質は使用者の期待を裏切らない。

そう、みなさんご存知の

「Newラージパールグラス」

です。

本種の性質に初めて気づいた時は、
「これはもしかして凄いのが出たのかもしれない。」
と感じました。

入荷はもちろんAZ便(アズール便・甲斐さん)です。
南米からのダイレクト便で、改良品種ではありません。
最初に見た時はラージパールか何かだろうと思いました。
やや小さかったかもしれないのでキューバパールに
近いのかとも考えたように記憶しています。

この時の有茎は奇跡的な状態で入荷。
今思うと残るべくして残ったのかもしれません。
これがNewラージパールのスタートです。
今、世界にあるNewラージーパールはこれらの子孫。
当時は殆ど見向きもされませんでした。

当然ワイルド・有茎ですし、ラージパールだと
傷みが早いかもしれないので、ロストするかとも
思いましたが意外や意外、有茎なのに着状態が
良かったのもあってか溶けもしない。

新しめのソイルに植えておくと程なく展開を
始めました。その中に這うものがいくつかあったので
「這う性質もあるんだな」と言うことがわかりました。
ただ、全体を眺めると這わないものもあり、まだ
あれほど這う力が強い種類と言うことには気づいて
いませんでした。

這わない株を見ていても、普通のラージパールのように
真上には向かわず、底床から15°くらいの角度で
斜めに育つと言う風変わりなものでした。
そこで「この種類は上には展開しない。」と言うことを
確信、キッチリ這うものとそうでないものを分けて
栽培することを始めたのです。

這うものばかりを集めて増殖していた頃ですね。
こうなると興味を持つ人がちらほら出てきました。
這う方の株はソイルの間にめり込むように強烈に這うので
どうしても他の水草の陰になりがちです。それも良い機会だと
考え、暗い所ではさすがに光を求めるだろうと放置してみました。
そんな私の想像をよそに、本種は陰だろうがなんだろうが
力強く這い続け、しかも枯れることも無いと言うとんでもない
離れ業を見せました。
ここで、「この水草は前景でスターになる!」と自信を
持ちました。

今までのスターダムに上り詰めた前景草と比較しても
すべて指標で上回っていることが分かったので、なんとか
世に出してどうなるか見てみたいと思うようになりました。
それには名前があった方が良いのであれこれ考え、
少々悩みましたが、たぶんシンプルな方が良いのと
パールグラスのシリーズに加えたかったので

「Newラージパールグラス」

としました。
もちろん、以前の南米有茎ラッシュ時にラージパールが
入荷しているのは知っていましたし、それがアクアライフの
フィーチャーに載った際は産地名がついた
「サンパウロ・ラージパール」と紹介されているのは
アクアフィーチャーマニアの私は確認済み。
プラス、上に育つパールグラス:這うNewパールグラス
構図を引き継いで
ラージパールグラスに対して這うラージパールと言うことで
Newラージパールにした次第です。
オマケ的要素には入荷経路もパール、ラージパールが
普通にファームからと言うのに対して、Newパール、
Newラージパールが個人の持ち込みと言う部分も
あります。

そして現在、レイアウトでは定番種となっただけではなく、
世界的に栽培・生産されるようになりました。
前景草としてはグロッソスティグマと同等かそれ以上の
立ち位置でしょう。

このレベルのスター水草は10年に1度くらいしか出ないと
思います。ただ、ワイルドの水草が殆ど入荷しなくなった今、
もうこういう体験はさせてもらえないでしょう。


※何か記録していたわけではないのと、構成上内容は多少
 前後しているかもしれません。

2017年7月29日土曜日

「ホレマニー」と「ウルグアイエンシス」 Part5

ちょっと間が。。。こういうのは一気に最後まで
書き切ってしまわないといけませんね。
やり直し的な雰囲気が。。。

と言う訳で。。。
個人的にずっと頭の片隅にあるので、今回は
ウルグアイエンシスを少し掘り下げようと思います。

改めてウルグアイエンシスと言えば。。。
昔から一般種として知られるエキノドルスだと思います。
ファームでも安定的に生産されており、常にどこかで
販売されています。他のエキノドルスと比べて
そのすっきりした草姿やサイズの割に葉数がつくため
ボリュームがあってお買い得感がある、と言った
ところでしょうか。

このような印象があるためか、どうにも一般種の
括りに入りがちと言いますか、エキノドルスの中でも
やや格下に見られることが多いように思います。
しかしながら、ウルグアイエンシスも長年見ていると
色々と面白い部分があることに気づきます。

このシリーズのPart3にも書きましたが、意外と
色々なタイプが入荷しています。

※普通葉タイプ

AZ便のウルグアイエンシス。最後に来たやつかな。
ぱっと想像できるウルグアイエンシスはこの辺です。


※ウェーブがあるタイプ
使いまわしで申し訳ありません。。。
引きなのでわかりづらいですが左側の葉が
わかりやすく特徴が出ています。
クラシックブロードの画像がどうしても
見つかりません。。。アクアプランツの
1号を見て頂ければ幸いです。

※ウルグアイエンシスで入荷した赤系
使いまわし、かつ特徴が出ていない画像で
申し訳ありませんが。。。ウルグアイレッドです。
確か現地での様子がDATZにも掲載された野生種
なのですが、なぜかジャングルスターNo.1に
そっくりと言う不思議な種類。

ウルグアイエンシス レッドタイプです。
ウルグアイエンシスとして入荷したエキノドルスの
中では一番変わってます。反面、知名度はかなり低いと
思いますので見たことある人は少ないのではないでしょうか。
ホレマニー寄りですが、赤系のホレマニーとも違う感じ。
恐らくこの形状のタイプで最も小さいと思われます。

ラタイのエキノ本からです。
共にウルグアイエンシスですが、
ダークグリーンとなっています。
また、右は殆ど黒となってますので
ホレマニーのスーパーレッド系でしょうか。
ラタイ便のウルグアイエンシスは赤系の
ホレマニーでしたからね。
※葉の質感などが異なるタイプ
ご存知アフリカヌスです。
赤みの入り方もウルグアイエンシスとは
思えない雰囲気を醸し出しています。
吉野氏をして「他のエキノの葉を普通紙とするなら
スーパーファイン専用紙くらいの差がある」
と言わしめたくらいに変な質感なのです(笑)

デナリーはウルグアイエンシスの1タイプと言う
カッセルマンの説を採用しています。個人的には
私もこれだと思っています。カッセルマンは
ラタイが間違ったか勘違いしていると言っていました。

ウルグアイエンシスvar.ミノールです。
どう見てもホレマニーとは違うのですが、
ウルグアイエンシスとも違う不思議な種類。
個人的にはホレマニーとウルグアイの中間的、
橋渡し的な種類だと思っています。

AZさんのブログから画像を拝借(笑)
赤ウルグ羊です。これも大変美しい。
本種のこの色とサイサリスの色は
人工栽培下で出すのは難しい。。。
これもウルグアイエンシスっぽいですが
もう手元にないので未確認。

画像に残せてないのですが、デナリーからホレマニーで
入荷したウルグアイエンシスが変わってました。
もちろんホレマニーではなくウルグアイエンシスだったのですが
少しアフリカヌス感もあったように記憶しています。
しばらく葉っぱを見てないので忘れてます。。。

未入荷ですが、もしかしたらこれが混じってたのかな。。。
とか想像してみたり。
ガブリエルとかカッコイイ(笑)
頼んでるけど来ませんが。。。
ちょっとホレマニー系っぽいので
違う感じもしますが。。。うーん。

大まかに私の頭の中にある情報を画像と共に整理して
みました。ウルグアイエンシスも結構な数がAppo工房や
ヨーロッパのファームから入荷があったので、当然
私の見落としがいくつもあると思います。

ウルグアイエンシスだけでも集めておくと楽しめたでしょう。
今、地球上に上記全タイプ所有している人は
いないと思われますからね。世界一になれるんです(笑)
しかも入荷は1年に1度、長いと10年に1度くらい。
誰に追い立てられることも無くじっくり楽しめます。

とは言っても、栽培だけならなんとでもなりますが
特徴を一度確認するためには巨大化させる必要があります。
まぁピクタムなんかも同じですが、ポテンシャルを
引き出してから次に進むと言うのが大事ですね。

そんなに育てたら増えて困るって?増えたら捨てるんですよ。
当たり前です。

。。。Part6に続く予定