2020年5月5日火曜日

アヌビアス ~きれいな水槽植物~ Part 2

ナナとバルテリィの知名度とは逆に他の種類が
あまり知られていないアヌビアスですが、かつては
ナナは熱帯魚水槽の高嶺の花、他の種類はマニアックな
水草でありました。
しかしながら現在はアヌビアスが主役になることは殆ど無くなり
レイアウトに登場するのはナナかプチナナで、用途はもっぱら
着生する性質を利用しての目地埋めくらいです。

かつてはアトラスレイアウトと呼ばれる水槽が存在しており、
水草、魚の産地を揃えて統一感のあるレイアウト水槽として
作られることがしばしばありました。
その中で西アフリカ水景を作る際に主役となり得るのが
アヌビアスの仲間です。
増殖させたナナをライデン通りよろしく流れるように配置、
中景にタイガーロータスとクリナムを左右に振り分けて
メインに据え、後景にバルテリーやヘテロフィラ、
ランケオラータの区画を作りボルビティスを中後景に
上手く配置する、と言ったイメージでしょうか。
そう言った熱いレイアウトを見ることが無くなりました。

しかしながら現在は小型水槽かジオラマ的なレイアウト、
NA風レイアウトが主流となり、アヌビアスのポテンシャルを
余すことなく引き出すことが難しいスタイルが殆どです。
そんなわけでアヌビアスを使うことが無くなっているため
紹介されることも無くなった次第です。

では、ナナとバルテリィ以外は入手出来ないのでしょうか。
基本的にアヌビアスの仲間はファーム物で調達することに
なります。
最近入手できるものにどういった種類があるでしょうか。
代表的なものを見てみましょう。

ナナとその改良品種(通称) 
バルテリィとその改良品種
ハスチフォリア
グラブラ
アフセリィ
ヘテロフィラ
ランケオラータ
コンゲンシス
コーヒーフォリア

この辺りは問屋さんの在庫リストでみかけます。


アクアフルール社のヘテロフィラ。
葉脈の感じがそれっぽい。

こちらもフルールがリリースしている
コンゲンシスで入荷するもの。
この名前で来るものは比較的この形状が
維持されているように思う。
東南アジアからも入荷します。


こちらはトロピカ社のグラキリス。
現在のところ本種が安定して入手可能なのは
トロピカだけと思われます。

フルールのランケオラータ。
この種小名はどうやら有効ではなさそうですが
昔から馴染みのある細葉の代表的なものです。



昔からよく知られた、図鑑でも見かける種類は現在でも
ヨーロッパ、東南アジアのファームから継続して
入荷が見られます。ただし、問屋さんのリストに
掲載されているからと言って、店頭で見かけるかどうかは
また別問題です。
欲しい種類は取り寄せてもらった方が早いです。
アヌビアスを楽しむためには能動的に動ないといけません。
そういう意味ではやはり今でもナナとバルテリィ以外は
マニアックな領域なのかもしれませんね。


。。。続く

2020年5月4日月曜日

アヌビアス ~きれいな水槽植物~ Part 1

古くから水槽用の水草として親しまれているものにアヌビアス属が
あります。その存在はエキノドルス、クリプトコリネと共に
3大水草グループと言えるでしょう。
このブログでもクリプトコリネ、エキノドルスと取り上げて
来ましたが、さすがにアヌビアスをやらないわけにもいかないので
そろそろ書き始めます(笑)

アヌビアスの仲間は西アフリカ産サトイモ科の水草で
よく見かけるものはアヌビアス ナナと呼ばれる種類で
正確にはAnubias barteri var. nanaと言う学名になっています。
現在は小さな水草が数多く紹介されており選択肢は
いくつもありますが、昔はこのナナが比較的小型の水草と
されて用いられていました。

また、このナナとバルテリィと呼ばれる種類(An.barteri var. barteri)は
丈夫な水草としてアマゾンソードやミクロソルムと共に水草初心者や
熱帯魚飼育水槽の装飾品として推奨されてきました。
かつての熱帯魚水槽にはナナやミクロソルムが着生した流木が
転がっており、そこにラムズホーンがのそのそと這い、ネオンテトラや
パールグラミーが泳いでいる。底床付近にはプレコや赤コリがもぞもぞと
餌を探していると言ったイメージですね。え?違います??(笑)

古くは高級品だったアヌビアス ナナも今では丈夫な水草の代表種となり
バルテリィと共に二酸化炭素が添加されていない砂利の水槽に投げ込まれて
販売されています。
アヌビアスと言えばどうしてもそういうイメージを持たれますが、
水草好きとしてはちゃんと鑑賞・栽培対象の水草として捉えて
いきたいと思います。

アヌビアス ナナは色々と使い勝手が良い。


安価で販売されるナナとバルテリィ(それでも一時期よりも上がった?)以外の
種類は見かける頻度も少なく、水草をそれなりにやりこんでいないと
レイアウトを少しやってます程度では名前すら知らない人が多いのでは
ないでしょうか。
実はアヌビアスと言う水草は、ナナの知名度とは裏腹にあまり知られていない
水草なのだろうと思っています。
その理由の1つにナナをある程度効果的に使った、またはプチナナを
多目に配置したレイアウトは見たことがありますが、

「アヌビアスをメイン」「殆どアヌビアスだけ」、または
「ナナ、バルテリィ以外を効果的に配置」

と言ったレイアウトを20年以上見たことがないのです。
なぜそうなるかと言うと、アヌビアスの種類を知らない、使い方がわからない
と言ったこともあるでしょうし、いつも私が主張する水槽の小型化の弊害も
大きいでしょう。また、いわゆる流行りのレイアウト手法に馴染まないと
言う部分もあると考えられます。

一見メジャーに見えて実はマイノリティ。そういうアヌビアスの仲間を
見ていこうと思います。


。。。続く

2020年4月18日土曜日

前景草のアンチテーゼ

前景草とはなんでしょう??
基本的には水草水槽の鑑賞面のガラスから最も近いエリアに
植える草丈の低い水草で、芝生や絨毯と言った趣になる様に
密に茂り広がっていく種類と言ったところでしょうか。

レイアウトの中でも前景は重要で、区画としては
出来るだけ早期に仕上がるのが良さそうな感じです。

かつては

・ピグミーチェーンサジタリア
・(旧)エキノドルス テネルス
・ヘアーグラス

以上3種が三大前景草と言ったところでしょうか。
少し面倒くさいところでは、

・ヨーロピアンクローバー
・コブラグラス
・クリプトコリネ パルバ
 (ウィリッシィ、ルーケンス)

等がありますが、この辺りは割と通好みと言う印象を
受けますね。ちょっと腕がある、他の人と違ったことがしたい、
そういう人が扱ってた感じです。
今でもこの辺が上手く使える人を見かけると
「お、やるな!」と思うのですが、しばらく
そういった感覚になった記憶がありません。

水槽がもう少し大きくなったり、ダッチアクアリウムの
要素が取り入れられると

・ヘテランテラ
・ロベリア カージナリス
・パールグラス
・ホトニア

前景にヘテランテラを用いた水槽です。
使い方次第ですがそれなりにメンテは必要です。


と言った種類が考えられます。ただし、このダッチ系前景草は
レイアウトに対する気持ちとは別に、その水草に対する執着みたいな
ものがないと無理なんですよね。だから最近見ないんです。

ロベリア カージナリスは
区画の形状を整えやすい。


更に少し前までくると

・グロッソスティグマ
・キューバパール
・インディアンクラススラ
・ウォーターローン
・ゴイアスドワーフロタラ
・ミニヘアーグラス(ショートヘアー)
・エラチネ ハイドロパイパー
・ミゾハコベ系
・Newラージパールグラス

などなど枚挙に暇がありません。

ゴイアスドワーフロタラは良い水草です。
99年に本種の水上葉を初めて手にして
水中葉が展開した時の感動は忘れません。




前景草と言えばこう言ったラインナップとなるでしょう。
近年高い頻度で使われるものや、いわゆる定番種と言われる種類が
ちらほら見受けられますね。

さて、前景草とは?それに求められるものは?と考えると
冒頭に挙げたように、比較的短期間に横方向へ次々に展開し、
意図した区画に隙間なくびっしりと茂ると言う事が重要です。

まぁ私のように至極マイペースで水草水槽をやっている場合
そんなことは無いのですが、なぜか短期間でやり遂げないと
いけないレイアウトと言うものが存在しているため、その場合
とにかく全自動で素早く区画を埋めると言う事が超絶求められる
条件であったりします(笑)
そうなると前述の様々な前景草の中でその条件を満たすのは
ごく限られた種類になります。
その筆頭が世界を埋め尽くしたNewラージパールグラスです。
本種は吉野屋みたいな前景草ですね(笑)

Newラージパールグラスは
非常に優れた前景草ですがあまり
考える必要が無いので善し悪しですね。
あの時、這うと分かった時の直感は正しく
世界的スターに登りつめました。

トリミングは面倒くさいと言うのに前景草にはスピードを求めながら
こまめに管理すると言う点に何とも言えないパラドックスを感じるのは
私だけでしょうか(笑)
もちろん、多くの水草レイアウトとその取り組みを否定するわけでは
ありません。しかしながらそれが全てではなく、のんびりじっくり
取り組む長期維持水槽で普段触ることも考えたことがないような
前景草を時間をかけて密生させるのも悪くないかと思います。

以前キープしていたカーペットスターです。
年単位で少しずつ手動で区画を拡大させます。


1区画を成立させることに対して、ここまで時間がかかること、
達成感を味わえることはそうそう無いと思います。例えば60センチ水槽の
前景をパルバで作るのとNewラージパールで作ることを考えれば
想像できますよね。

成長の遅い前景草でしょ?黒ひげつくじゃん!って?
そこはあなたの技術でなんとかするんですよ(笑)

※オマケ※
成長速度の遅い前景に使えそうな水草
・クリプトコリネ パルバ
・クリプトコリネ ルテア 'ホビット'
・セレベスカーペットスター(エリオカウロンsp.スラウェシミニ)
・エレオカリスsp.スラウェシ
・ブセファランドラの仲間(ミクランサ、ピグマエア等)
・アヌビアスの仲間(プチ、パンゴリーノ、スターダスト等)