2019年11月9日土曜日

挿し戻しは基本です #2

挿し戻しの続きです。

もちろん、水上葉を植えてもそこから何度も
逞しく水中葉を展開するのが丈夫な水草の良さでも
あります。しかしながらその過程で水上葉は
短期間で落ちてしまいます。
どうにもスカスカになりがちなので、その下部は
一部、もしくは大部分を残して(または除去して)
カットした水中葉を植え付けると挿し戻しをしたのと
同じことになります。

挿し戻しを行うことで、その水槽で展開した最新の部分を
残すことが出来、自分の水槽環境により適した水草に
アップデートすることになります。
自身が管理する水槽の水、栄養素、光など多くの要素で
再構築された水草は、その水槽でより育ちやすくなることが
あります。感覚的なものではありますが。

話は変わりますが、私はレイアウトの人間ではなく
水草いぢリスト(笑)です。
基本的には未知の水草と出会い、まずはロストを回避しつつ
水槽に馴染ませ、保険を確保しつつ増殖させなければなりません。

そうなるとその水草が安定するまでは差し戻しだけでは
リスクが高まります。そこでピンチカットを使います。
ピンチカットで株を残しつつ、長く成長した水中葉を
挿し戻して、より水槽に適応した草体を作り上げていきます。

挿し戻しの場合、最新の箇所を利用する反面、
デリケートの種の場合、稀にトリミングの影響、
つまり切断されたショック、光源からの距離の変化、
根が消失することによる栄養供給の一時的な停滞などで
劇的に調子を崩したり最悪の場合枯死することがあります。
なので前述の保険、つまりピンチカットを用います。

つまりトリミング方法はどちらも上手く使うのが
良いのです。
なんだ、そんなことか。。。と思われるかもしれませんが、
近年は挿し戻しと言う古くからの手法が特別なもののように
捉えられていたり、一般的ではないように見えたので改めて
ご紹介してみました。

まぁ使う水草やレイアウトスタイルの変化に因るところも
大きいかもしれませんね。

2019年11月8日金曜日

挿し戻しは基本です

一般的に近年はアクアリウムで水草を楽しむと言う事は
レイアウトを行う事とイコールとなっています。

水草水槽をやってみようと思うきっかけは多くの場合
店頭でのレイアウト水槽や、専門誌(今あるのか?)に
掲載されるレイアウト水槽の写真だったりします。

そう言ったレイアウトは殆どがネイチャーアクアリウムと
呼ばれるスタイル、またはその影響を大きく受けたと
思われるレイアウトとなっています。

近年はそれらのレイアウトにおいて用いられる有茎草は
多くがロタラの仲間となっています。
そしてそれらのトリミング方法はピンチカットと呼ばれる
上をバッサリとカットして下に残した茎から生長点を
新たに出させて再び茂みを作ると言うものです。

この方法はカットした葉が散らかるので厄介ですが、
ハサミを入れてバサバサとカットするだけで
割と楽に行うことが出来ます。
そう言う事もあり、今の水草水槽では恐らく
「トリミング」=「ピンチカット」
と言う認識に近いのではないでしょうか。
それは仕方のないことで、大型で少ない本数でも
存在感を出す種類(ウィステリアやジャイアントアンブリアなど)や、
茎が太めの直立して成長する種類(アマニア グラキリスや
ラージリーフハイグロ)は使用されることが
殆ど無くなったからです。
また、ダッチアクアリウムのように鑑賞上
常に美しい状態をキープすると言うことが無くなった
こともあろうかと思います。

ですが、これは数回繰り返すと新たに出てくる部分が
貧弱になってきます。下の茎には葉が無くなり
色が悪くなり最後には折れたり枯れたりして
その一生を終えます。

そこで「挿し戻し」です。

挿し戻しは、植えてある有茎草を引き抜いて、
茎の下部(根側)をカットして生長点(新芽)側の新しい部分を
新たに植え直す昔からあるトリミング方法です。
ピンチカットとは違い根付いていないと言うマイナス要因は
あるのですが、植える部分はその水槽で展開した
成長著しい若い箇所です。
そもそも新たに導入した有茎草は水上葉であることが
殆どで、そこを基幹部分として水槽内に残すと言うのも
不自然なことです。

#2に続く。。。


2019年6月30日日曜日

メセンテリウムに見るワイルド株購入の心得

今年の2月に1年ぶりにオテリア メセンテリウムが入荷しました。

本種はインドネシアのスラウェシ(セレベス)島の固有種で
マタノ、トゥティ、マハロナと言う3つの湖に産すると
言われています。

以前は個人採集も見られましたが、現在は問屋経由の
一般ルートでの入荷のみとなっています。
そのため、採集が行われるタイミングや輸送状況などに
こちら側の思惑が反映されず、どうしても入荷状態の
向上を図ることが出来ません。

オテリア メセンテリウム

















オテリアのように水中葉しか作らない水草は基本的には
輸送に弱く、日数を要するとどうしても傷んでしまいます。
もちろん、水草それ自体が全般的に長期間の輸送には
不向きであることは明白です。

と言う事は入荷から入手・導入までは最短であることが
望ましく、欲しい種類が確定している、つまり入荷が
あれば絶対に買うことを決めている場合は情報と
行動こそが全てであり、入手してから育つか枯れるかは
大きな問題ではありません。

可及的速やかに入手するためには普段からの
行動が必要です。


ギニアンオテリア

















<1>
まず意外と障壁になるのが価格です。
価格はこれです、と出てから考えるのではなく、
~円以上はスルー、ここまでなら買うと
決めておくのです。そうすれば数字を見た瞬間に
判断が出来ます。
ここでバッサリと決断出来れば、思い悩む日々から
開放されることでしょう。

<2>
殆ど入荷の無い種類、入荷数が常に少ない種類、
またはメセンのように状態が時間勝負である、
と言うような場合は、問い合わせや在庫確認などの
やり取りの間に刻一刻と在庫数や状態は変化して
行きます。
ですので、見た瞬間に考え得る最短で購入意思や
その他諸条件を一度に提示すべきです。

<3>
<2>の内容の補完となりますが、そもそも
着状態は悪いと言う前提で普段から身構えておくのが
良いでしょう。
また、受け取りは可能な限り最短に設定するように
します。
出張や旅行で不在である、次の受け取りまでは
どうしても日数がかかるなどと言った場合は
縁が無かったと諦めることも必要でしょう。

<4>
入荷はいつどのタイミングか不明です。
なので、入荷した際のシュミレーションを
行っておくことが肝要です。
例えば、今ならこの水槽にこういうやり方で
導入する、以前はこのやり方でダメだったから
次はこのやり方を試してみる、と言った具合に
想定しておきます。
それ専用の場所を常にキープしておけと言っている
訳ではありません。
趣味家は空きスペースがあれば常に何かを
入れたくなる人種です。いつも都合よく場所が
ある訳ではありません。
また、デリケートな種類であれば育成情報や成功例の
確認、レイアウト向けや単に欲しかった種類と言うもので
あれば、その水草の使い方や綺麗に育っている様子を
想像しておくのも良いことです。


クリナム sp. 'トーチフォリア'(コークスクリュー)

















<5>
入荷はいつも突然です。
もちろん前もって予告される場合もありますが、
殆どの場合は当日以降に気付くと思います。
どの程度欲しいのかによりますが、絶対にと
言う場合は、そういった水草が入荷するであろう
ショップと言うのはかなり限定されるはずですので
日々キュレーションサイトを確認するように
数件のショップのサイトをチェックすることが
習慣的に出来るようになると良いでしょう。

<6>
例外的な入荷の場合があります。
例えばブリクサやオテリアの仲間、あるいは
エキノドルスやクリプトコリネと言った特定の
属が興味の対象である場合です。
メセンテリウムを待っていたけど突然知らない
変わった種類が入荷した、と言うような場合は
想定外になることが殆どですが、まずは<1>を
考え、クリアするならば<2>に行くべきですが、
入荷情報に画像があった場合は草姿で判断しても
良いでしょう。
ただ、属で好きな場合は初入荷と言うだけで
買っておいた方が良いでしょう。
何故なら単発で終わった場合、その種が誰か
知らない人の手によって増殖されずに終了した場合
どうしようもなくなるからです。

アポノゲトン トフス