2018年11月6日火曜日

意地で維持する価値はアリ?!

水草水槽をやっている水草マニアにとって
新たな水草や極端に見かけることの少ない水草、
なんであれずっと欲しかった水草などを入手すると
嬉しいものです。

そして、それに対して手持ちの水槽でベストと
思えるところに導入、今まで培った独自のノウハウで
立ち上げを試みます。するとどうでしょう。

頂芽がいじける、下葉がパラパラと落ちる、
茎下部が溶けて草体が浮かんでいる。。。
紆余曲折を経て力強い新芽を展開して、しっかりと
根張りを行った時の達成感は水草マニアの
醍醐味と言えると思います。

以前AZ便で入荷した南米のバコパや
リンデルニアの近似種と思われる水草。


















そうした水草にはどうしても「思い入れ」が
出来てしまい、自分の手元から消失してしまうことが
受け入れ難くなりがちではないでしょうか。

そこから始まるのが「維持」のループです。

その種類を維持するためには1~2株では
不安なので、とにかく増やせるだけ増やすことに
なります。そうすると入っていた水槽は
その水草でいっぱいになるのですが、もしその水槽の
コンディションが崩れたら。。。と考えると
数の保険ではなく、環境の保険が必要になります。

つまり、同じ水槽がもう1本必要なのです。

有限のスペースが単一種に占領されてしまい、
その草のために自由が利かなくなってしまいます。
新たなスペースを作ろうとしても保険と言う名の
同一種が侵入してしまいます。

ただ、時間と気持ちにある程度の余裕がある期間は
その維持もこなせてしまうのですが、趣味以外の事は
こちらでコントロール出来ないことが殆どで、
次第に歪みが生じることとなります。

アクアリウムに用いられたマヤカの中でも
屈指の格好良さを持つベレンカールリーフマヤカ。


















そうすると栄華を誇っていたその水草にも
次第に陰りが見え始め、どうも調子が良くないといった
状況になります。
メンテをやりたくても忙しくて時間が無い、他に
考えることが多くて気力が湧かない、と言ったことが
往々にして起こります。そしてそんな時に限って
アクシデントなども起こりがちです。
その結果は当然、枯れてしまいます。

その種がダメになると喪失感・虚無感・脱力感等に
苛まれることもあるでしょう。そんなオーバーなことで
なくても単純にモチベーションが劇的に下がります。

やる気が無くなる→水槽環境の悪化→他の草もダメになる
            ↑        ↓
            更にモチベーションが低下する
                    
この辺がぐるぐる回った経験はありませんか?(笑)

きっとその水草は無くなっても誰も困らないし、一年後には
記憶の片隅に残る程度になっています。まぁ良い思い出です。
なので無理に維持しなくても大丈夫です。

すっぱり諦めれば気持ちも中身も切り替わる→新しいことが出来る。

。。。と、割と囚われがちな人間からのアドバイス。


2018年9月10日月曜日

アクアリウム人口は増えるのか

現在、アクアリウム業界は引き続き矮小化
していると思われます。
これは何年も前から言い続けていることですが、
特に変化は無いように思います。
当然その中でもニッチな分野である水草は
更に縮小していることでしょう。

そんな中、よく色んな場面で「裾野を広げる」
と言ったような文言を見かけます。
マーケットにおいてそれは大事なことだとは
思いますが、それはどこで何をいつどうすれば
実現できるのか、と言う問題があります。

もう何年も何年も同じ事の繰り返ししか
していないのに何が変わるのか、私には
全く想像できません。

業界以外の大きな理由でアクア人口は基本的に
減り続けるしかありません。増えるためには
それ以上のパワーが無いといけないのですが、
果たして増える理由はあるのでしょうか?

縮小し続ける市場規模の中で、やってきたこと
と言いますか、出来た事と言えばその時に
売れるものへのシフトと小型化でしかなく、
基本的に短期思考です。
ましてやいつまでも払拭できない
デフレマインドの中、生活に必ずしも
必要でないアクアリウムにおいて世間並みの
価格転嫁、値上げが通用するとも思えません。
それこそ、拡大を続けるCtoC市場への
後押しになるでしょう。

構造的に全てのショップやメーカーがある程度
満足できるくらいに儲かる状況と言うのは長期的に
見て成立すると考えるのは困難のように思います。
前述した業界以外の理由も非常に大きいのですが、
基本的に人がどんどん変化すると言うことも
あります。
以前にも書きましたが、就職、結婚、引っ越し、
子供の進学等、こういった人生においての岐路が
ありますが、これらはアクアリウムをやめたり
縮小する理由になり得るに十分なものです。

反面このような事情が起こり得る機会以上に
始める機会が存在するのでしょうか。
そう考えると減ることはあっても増えることが無いと
考えるのがごく自然で、つまり徐々に減っているのが
現状であると見るべきでしょう。

広めていくには当然新たに始める人がやめる人数を
上回ることが必要なのですが、業界以外の大きな
出来事、短期思考と業界人がよく口にする閉塞感によって、
現状を受け入れるしかない状況にある上、革新的な
何かが生まれる余地もありません。

施策としてイベントなども考えられるとは
思うのですが、物販系はこれ以上何かに
なるとも思えませんし、魅せる???系は
消費行動に直結するとも考えにくい。

結局のところ、減りゆくアクアリウム人口を
受け入れるしかなく、縮小均衡となっており
どこで下げ止まるのか、底を模索するしか
ないのでしょう。


2018年8月26日日曜日

水草水槽的キャズム〈4〉

結局、水草水槽と言うものは少数の興味を持った層が
飛びついたものの、当時の専用器具や特殊な栽培ノウハウは
マニアのものであり、アンテナを張っている新しいものを
積極的に試したりする人たちの中から、極一部が
ハマっていっただけでした。

メーカーが自社製品でのメソッドを確立して
美しい写真や器具と共に一般層に向けてアピールし、
それなりの効果はありました。
しかしながら、それは結局別のタイプのマニアを
生み出したに過ぎません。
また、各所から比較的安価な水草器具のラインナップが
発売されてみたり、安易な水草育成用のアイテムを
並べ立てたりしても、単に初期投資の低さや効果が
あるかどうかわからないアイテムなどの使用は
長続きするものではありません。

私も考えたことがありますが、色んな業界人や
著名人が水草レイアウト水槽を文化にする、
または一般に広めると言った理想を唱えますが、
数十年を経て、水草水槽・水草レイアウト水槽と言う
ジャンルは、結果的にキャズムを超えることが
出来なかった。

そして、ただでさえ狭いアクアリウム業界の中でも
更にニッチなジャンルとなっています。

個人的にはニッチでマイノリティ大いに結構と
思っているのですが、まぁ普通はそうもいかないため
なんとか裾野を広げようとか一般化させようと
考えることもあろうかと思います。
ただ、残念ながら日本では不可能と言って間違いない。
植物を愛でる素養があるのと、特定のジャンルが
大衆文化として定着するのとはイコールでは
ありません。まぁそんなものにする必要が
あるとも思えないのですが。
また、CtoCの市場規模拡大も残念ながら業界には
全くプラスに働かないと考えられます。

そういった中で無理に広めようとすると歪みが
生じるため業界自体が自己矛盾を抱えることとなります。
今一度冷静に現状なり水草水槽と言うものを
見つめ直した方が良いのではないかと考えています。

まぁ何にでも当てはまりますかね(笑)


水草水槽的キャズム。。。終わり